タント 値引き

ダイハツタントの値引き

ダイハツタントの値引き額詳細

タントの車体価格値引き限界額 タントのオプション値引き限界額
5〜14万円 2〜3万円

 

タント合計限界値引き額:17万円

 

タント値引き

ダイハツタントは2013年にフルモデルチェンジがあり、現在売れに売れている軽自動車。キッズ世代のママを中心に若い世代に人気です。タントの値引き幅もかつてに比べればゆるく、限界値引きを引き出して15万円程度となります。

 

とはいえ、何もしなければ定価購入が当たり前の車種。一般の営業マンの権限では値引き5万円、店長権限で10万円程度と言われています。しっかり対策して、10万円以上の値引きを引き出すのがタント値引き交渉では大切です。

 

値引き交渉の下準備をしよう

タントを購入する際、それまでに乗っていた車があればディーラーに下取りに出すのが普通と思っていませんか。

 

そういう方は、無意識に「ディーラーが適切な価格で買ってくれる」と考える傾向があり、自分の愛車の相場価格は調べていないことが多いようです。

 

ですが、ディーラーの下取りを信じ込んでいると、痛いしっぺ返しを受けることになります。

 

ちょっと一例を見てみましょう。

 

 

もうタントの車体価格の値引きはキツいです…。 でも、下取り価格をアップすることはできますよ。お客様の車だと通常10万円ですが、15万円にアップしますよ。


 

 

えっ、本当ですか!?


 

 

はい、実質5万円値引きを上乗せということになります!ここで決めてもらえるならこの条件で契約していただけます。


 

 

わかりました!それでお願いします!


 

軽自動車だと、5万円の値引き上乗せはすごく大きいです。なのでお得に見えるのですが、この営業マンは心の中ではこんなことを考えています。

 

 

(ホントは40万で売れる車なんだよな〜 15万で買えるならラッキーだ〜)


お客さんに値引き上乗せを錯覚させて、なおかつ安く下取りして大儲け…というわけです。

 

愛車の買取価格を知らないままでいると、こんな風に営業マンに騙されてしまうわけです。

 

こうならないようにするには、事前に今乗っている車の価値を把握しておくことはとっても重要なんです。

 

しっかりと相場を把握しておけば、例えばこんな対応が可能になります。

 

 

下取り価格を15万円に上げますよ〜実質値引きですよ〜


 

 

(相場は40万円だし全然足りないね)
う〜ん、それよりはやっぱりちゃんとタントの値引きが欲しいですね。じゃあ、その5万円をオプション値引きに回してくれませんか?このオプションが欲しいので、値引きしてくれるなら決めてもいいかなと思ってるんですけど。


 

 

えっ!? ちょ、ちょっと店長と相談してきます…


 

このように、今乗っている車の相場を知っておくだけで、かなり有利に交渉が進められるようになります。

 

では、買取相場はどうやって調べるのでしょうか。

 

実は、車査定サイトを使えば簡単に愛車の相場を調べることができます。

 

車査定サイトってなんですか?

 

CMなどで、「ガリバー」「カーセブン」という名前を聞いたことがあると思います。

 

 

これらはすべて中古車を買い取って販売する中古車買取業者です。

 

車買取サイトにはこういった買取業者が集まっており、自動車を一括査定することができます。多くの業者で一括査定するため競合が発生し、買取価格が上昇しやすくなります。

 

 

中古車買取業者はさまざまな販売ネットワークを持っています。中古車を売って稼がなければいけないので、当然ですね。国内のオークション会場はもちろん、最近では海外への販路も広がっています。日本車は海外では絶対的なブランドなので、多少古い車でも高値で買われていきます。そのため、あなたの愛車を高額で買い取っても、十分に利益が出るわけです。そのため、単にディーラーに下取りに出すよりも20万円以上高く売れることもあるのです。

 


いろいろな車査定サイトがありますが、ここでは「かんたん車査定」をおすすめいたします。約30秒で査定が完了するので手間がかからないほか、その場ですぐに暫定の買取相場が表示されるので、すぐに買取価格を把握することができます。

 

 

↑こんな風に必要項目を入力するだけで、

 

 

↑このように、買取相場価格がすぐにわかるんです。

 

※あくまで暫定の価格なので多少低めの価格が表示されることが多いようです。なので、実際に無料出張査定を頼むとさらに買取価格が上がる傾向があります。

 

かんたん査定の公式サイトはこちらで利用できます
http://a-satei.com/

 

かんたん車査定だけで買取相場は把握できますが、複数の車査定サイトで査定するとさらに高額買取が期待できるようになるので余裕があったら↓の査定サイトも試してみてください。

 

 

ズバット車買取比較

 

全国150社の買取業者が参加しているので、地域密着の中小業者の査定を受けることができます。さらにマイナー車種にも強いという特徴もあります。査定にかかる時間は1分程度です。

 

公式サイト
http://www.zba.jp/

 

 

カーセンサー

 

雑誌でおなじみのカーセンサーが運営している車査定サイトです。作業時間としては数分かかりますが、最大30社から査定を受けられるため買取価格が上がりやすいのが魅力です。

 

公式サイト
http://www.carsensor.net/

 

査定はいつやればいいの?

「査定は後でいいや」と思われるかもしれませんが、それにはリスクがあります。査定はできるだけ早くやっておいたほうがいいです。

 

交渉材料がない

 

すでに説明したとおり、愛車の買取価格は交渉の材料となります。それがない状態だと、商談が不利になって大損してしまう可能性があります。

 

タントの値引き情報を調べていると、「営業マンって実はたいしたことなさそう」と思ってしまいがちなのですが、営業マンは何千人というお客さんと商談してきた営業トークのプロなんです。やり手の営業マンに丸め込まれて、いつの間にか契約していた・・・なんて話はいくらでもあります。

 

しかも、こちらはできるだけ早く新車が欲しいと思っているので、「ちょっとくらいなら損しちゃってもいいから早く欲しい」という心理になっています。

 

それで契約してしまい、後になって相場より数十万円安く下取りしたことに気付いた…なんてことになったら、「ちょっとくらいの損」とは決して言えません。

 

後から下取りナシにするのは厳しい

 

意外と知られていないのですが、後から下取りをナシに変更するのはほぼ不可能です。

 

というのも、下取りアリで注文書にサインをすると、愛車の所有権は半分ディーラーに取られてしまいます。そのため、下取りナシに変更するにはディーラーの同意が必要となります。同意してくれることもなくはないのですが、手続きが面倒だったり、なによりディーラーの気分を害してしまうことになります。それもそのはず、いったん行った契約を破棄するのと同じなのですから。

 

なので、後から後悔しないためにも、車査定はできるだけ早くやっておいたほうがいいです。

 

故障車でも買取してもらえるの?

 

通常、故障車や事故車はディーラーに下取りに出すととんでもない安値、最悪の場合ゼロ円なんてこともありえます。

 

ですが、中古車買取業者はさまざまな販売ネットワークを持っているので、故障車・事故車でも買い取ることができます。日本車は部品自体が優秀なので、故障車・事故車でも価値があるんですね。

 

下取りナシにしたらディーラーに嫌われるのでは?

下取りナシにしたらディーラーに怒られそう…と考えている人も多いようです。

 

ですが、そんなことは全然ありません。

 

意外と知られていないことですが、今まで乗っていた自動車を友人や親せきに譲渡する人は結構います。

 

なので、

 

「タントが安くなったので、今乗っている車は友だちにあげることにしました」

 

などと言えば、問題はありません。

 

それに、正直に言いたい場合は、「買取業者の方が高いから」といっても大丈夫です。

 

なお、下取りナシを伝えるのは注文書にサインする寸前にしましょう。営業マンは下取りしてもらう前提でタントの値引き交渉に応じているわけなので、早い段階で伝えてしまうと値引きができなくなります。

 

タントの値引きのポイントは?

 

下準備が完了したら、ついに交渉を行います。タントの値引き交渉に役だつ情報をご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

タントのスマートセレクションの値引きを狙う

 

現在ダイハツでは「スマートセレクション」を実施中です。「スマアシ」「スーパーガラスフィルター」「スマホ連携ナビ」の3つの機能をオプションとして選ぶことができます。タントは3つとも対応しており、自由な組み合わせが楽しめます。

 

実は、タントにスマートセレクションをつけることで値引きを引き出せた例が非常に多いです。ようするに、スマセレが割引価格で購入できるということですね。タントは本体のみで交渉しても値引きがかなり渋いのですが、スマセレを武器にして攻めれば値引き額を上乗せできるというわけです。

 

「じゃあ、スマートセレクションを付けるのでちょっとタントを値引きできませんか?」

 

などと言ってタントの交渉すると成功率が高くなります。
なお、スマセレはブレーキアシストUVカット、花粉&PM2.5カットなどさまざまな機能に対応しているので、搭乗者を守るためにもなるべくタントに付けたほうがいいと思います。

 

ライバル車の見積書を使う

 

タントには、Nボックススペーシアといった強力なライバル車がいます。こういった車の見積書を持っていけば、タントの値引きが引き出せる可能性が高くなります。

 

注意点が一つあり、すぐにライバル車の見積もり内容をダイハツの営業マンに話さないようにしてください。もしあっさり話してしまうと、「じゃあうちは1万円引きますよ」などと返され、中途半端なタント値引きで終わってしまいます。

 

なので、「Nボックスも検討している」などと話題にだし、条件を聞かれたら

 

「向こうはキャンペーンをしていた」

 

などと言ってお茶を濁す程度にします。そうすると、営業マンも

 

「もしかして結構値引きされたのかな?」

 

と感じてタントの交渉が有利になりやすいんです。

 

タントが欲しいことを悟られないようにする

 

「絶対タントが欲しい!」という人もいるでしょう。しかし、そこを営業マンに悟られるとタントの値引きが非常に難しくなります。

 

そうならないためには、他のライバル車の購入も考えていることをしっかり伝えないといけません。そのため、ライバル車の見積書は絶対に用意しておきましょう。そういう意味でも、ライバル車を競合させることが大変重要となります。

 

かんたんに見積もりを取る方法!

 

タントの値引きをするためには、ディーラーに行って見積もりを取らないといけません。しかも対抗ディーラーやライバル車種ディーラーの見積もりを取る必要もあるので、かなりの手間になります。

 

そこで便利なのがネット見積りです。パソコンやスマホから見積もり依頼をすれば、家にいながら目的の車種の見積もりを取り寄せることができるのです。

 

ネット見積もりをする場合は、各メーカー・各車種の見積もりがまとめて依頼できる「オートックワン」が便利です。車種と地域を指定して見積もり依頼するだけで、その周辺のディーラーから簡単に見積もりを取り寄せることができます。

 

ネット見積りの時点で大きな値引きが獲得できることもあるので、その後の交渉のたたき台としてひとまずネットで見積もっておくことをおすすめします。

 

オートックワンの公式サイトはこちら
→ http://autoc-one.jp/

 

タント値引き交渉術まとめ!

 

 

タントの値引き交渉をするなら、まず自分の乗っている車の買取価格をしっかり調べておきましょう。

 

そうすることで、結局は安くタントを購入することにつながるのです。

 

 

 

タント値引き体験談・口コミ投稿フォーム

 

当サイトでは、タント値引きに関する口コミや体験談を募集しております。その他にも、乗り心地や思い出などでも何でも構いませんので、どしどしご投稿ください!
いただいた投稿はコチラで閲覧できます。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。



 
自動相互リンク集GF サプリメントの選び方 seo リンク 無料 NKI PR-Link ページランクチェック